> 以前の記事
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
> メモ帳
タグ:注文住宅 ( 3 ) タグの人気記事
修行。
こんばんわ。鎌北です。

今日は暑い日でした。

皆さん大丈夫ですか?

今日のコメントで大工さんが一人前といわれるのに何年かかるか?と聞かれました。

私は大工ではないので、さっそく大工さんに聞いてきました。

大工の名前は及川大工。

岩手県出身。大工暦40年。

中学卒業後、集団就職のため上京。

ある大工の棟梁のもとに住み込みで修行。

当時、給料はなく、お小遣い程度の賃金。

その棟梁のもとで7年間修行を積んだそうです。

その7年間のうち、4年間は夜職業訓練学校に通ったそうです。

昼間は仕事。夜は勉強。

本当に大変な修行です。

修行を終へ独り立ち。

その時、棟梁が少づつ積み立てていたお金をそっと渡したそうです。

まるで 丁稚奉公 ですね。

及川大工が一言、

『大工の一人前はだまって10年。』

大変です。

及川大工は最近、修行した棟梁を招いて今の仕事を見せ、お酒を酌み交わしたそうです。

棟梁も喜んで、安心してくれたそうです。
f0145917_1934263.jpg

及川大工。
東北の出身。さすがに我慢強いですね。
弊社の大工さんは東北出身の方が多いいです。
f0145917_19395495.jpg

f0145917_19401156.jpg


弊社の大工さんはみんな同じような修行を積んでいる大工です。

良い、悪いは別にしていろいろな大工さんがいます。

しかし、本当に『一人前』と呼ばれる大工さんは本当に少ないようです。

大工の仕事に限らず、その道その道で『一人前』と呼ばれるには大変ですよね。

私も努力しなくては・・・・・。
[PR]
by k-ryuji518 | 2007-07-26 19:45
K様、上棟おめでとうございます。
こんばんわ。鎌北です。

今日、無事に狭山市のKさまの上棟が終わりました。

当初は今日、明日の2日間で予定していましたが、本日で無事に終了いたしました。

お施主さまも見学にいらしていて、物凄いカメラで上棟の様子を撮っていました。

なんでもカメラが趣味らしく、いつもカメラを持ち歩いているそうです。

私も最近ブログをはじめてカメラは必需品になっています。

K様は以前、このブログで地鎮祭の様子をご紹介いたしました。

その時は奥様のお姉さまもご一緒に参加されて大変喜ばれていました。

今日の上棟も楽しみにされていたそうですが、どうしても体の調子が良くないため見学が出来ませんでした。

残念がっていたそうです。

お姉さま、せめてこのブログの中では参加して楽しんで下さい。
(地鎮祭の写真です。)
f0145917_1916274.jpg


本日の上棟の様子です。
f0145917_1927374.jpg

f0145917_19281190.jpg

f0145917_19282667.jpg

f0145917_19284318.jpg

f0145917_19291198.jpg

f0145917_19293239.jpg

f0145917_1930477.jpg
f0145917_19302127.jpg


Kさま、本日はおめでとうございます。

これから、全員で常に「愛情」をもって『家づくり』させて頂きます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


お姉さま、早く元気になって、『家づくり』を見に来てください。

お待ちしています。


今回のKさまの現場は常に現場見学会を行っています。
Kさまのご好意により現場住所の公開を承諾していただきました。
ぜひ、ご覧になって下さい。
現場には常に担当大工がいます。
担当大工に一声かけご見学下さい。
仕事中につき充分な対応が出来ませんがご了承下さい。

家づくり現場
埼玉県狭山市水野468-22

f0145917_1936103.jpg

担当大工の 蛭田(ひるた) です。
よろしくお願いいたします。


詳しい説明を希望される方は下記ホームページのお問い合わより、ご連絡を下さい。

【私が経営しております】
注文住宅・二世帯住宅・狭小住宅・無垢・漆喰・檜(桧)・不動産の鎌北建設
[PR]
by k-ryuji518 | 2007-07-25 19:51
今日は材木屋さん。
こんばんわ。鎌北です。

今日は暑かったですねー。

こんな日に限って今日の仕事は材木屋。

久々の肉体労働。

と言う訳で今日は材木の加工について少しお話します。

鎌北建設では土台・柱・梁などの加工はプレカットにしています。

もちろん従来のような大工さんによる墨付けによる刻みも出来ます。

が、ほとんどがプレカットによる加工です。

コストダウン、工期短縮などの理由です。

他社さんとの違いは鎌北建設は材木屋。

使用する材料に関しては弊社の工場(材木置場)で1棟ずつ必要な材料を選定し、プレカット工場に運び入れます。

他社さんは材料も込みでプレカット工場に依頼するか、大きな会社(開発業者)では自社で工場を所有しています。

弊社では加工のみ依頼しています。

なんといっても創業明治32年の材木屋ですから。

プレカット工場での加工が終わると引き取りに行き、弊社工場で保管し待望の上棟を待ちます。

本日は注文住宅2棟分、増築工事1棟分の材料を選定し3㌧トラックに4台分運びました。

大切なお客さまの家。

会長(義父)について一日仕事。(叱られながら。)

会長(義父)のような材木選びにはまだまだ勉強が足りませんが、今後もいろんなことを学んでいきます。

今日一日木の香りをかぎながらの仕事でした。

プレカット工場の様子です。

f0145917_23562484.jpg

柱の加工。柱の長さとホゾ穴の加工です。

f0145917_23571739.jpg

工場内に材料搬入。

f0145917_235823.jpg

梁の加工。梁の長さとホゾ穴の加工です。
[PR]
by k-ryuji518 | 2007-06-29 23:53
   

福岡から埼玉に婿入り、いつの間にか四代目。
by k-ryuji518
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧